保育士の求人を探すタイミング

保育士の求人は、1月~3月に多いようです。

保育園は、4月に始まり、3月に終わるようになっています。


4月から新しいクラスとなるので、4月に入職をしたほうが、子供からの信頼を得られやすいというメリットもあります。しかし、4月から入職をする求人は、多くの保育園では新卒採用の人が優先されています。

そのため、転職をする人は、新卒採用の人との競争になってしまって不利になるというデメリットもあります。



とは言っても、中途採用の人を積極的に採用している保育園もあるので、やはり4月入職がおすすめです。

中途採用の人向けの求人の数もそれなりにあります。

保育士の人が年度の途中で転職をする時は、前の保育園に迷惑をしないタイミングで転職をしなければなりません。せっかく内定が決まったのに、前の保育園とトラブルになって内定を取り消されてしまうということは避けたいものです。

後任の保育士が見つかって、きちんと引継ぎをしてから退職をすることが大切です。

年度の途中に退職をする場合、多くの場合に保育園に迷惑がかかります。

場合によっては、「辞めることは許さない」と言われて強く止められることもあるようです。



保育園が強く止めてくるというケースでは、それだけ迷惑がかかる度合いが大きいということでしょう。



子供や保護者からの信用を失うこともあるので、最大限の注意を払うべきです。


ケースバイケースですが、迷惑がかかる度合いを考えて、よほどの理由がない限りは、3月末まで働いて辞めるべきでしょう。