保育園の多くが保育士不足のために求人を出している

小さな子どもがいる女性が働きに出る場合には子どもを保育園等の施設に預ける必要がありますが、働く女性の数が急激に増加していることもあって子どもを受け入れる保育園の数が不足しています。


最近では待機児童の問題が深刻化していますが、子どもを預かってもらえるところが見つからずに結局会社を辞めざるを得ない女性が増えています。



このような状態が続くようだと共働きの世帯では収入が減ってしまうので生活するのが難しくなりますし、会社にとっても有能な人材に辞められるのは痛手です。



そのため保育園不足の解消に向けて国や自治体は様々な対策を立てていますが、保育園を増やせばそれで問題が解決するのではなくそこで働く保育士の数が増えなければ施設だけ増えても何も意味はないのです。

しかし保育士は誰でも簡単にできるものではなく資格を必要とするので、求人を出したからと言って簡単に沢山の人を集められる分けではないです。

ただ保育士は他業種に比べて給料の額が低いために、この資格を持っていても保育園で働かずに他の仕事をしていると言う人が沢山います。
資格を持っていると言うことは保育士に興味があると言うことであり、中には生活できるだけの給料を出してもらえれば求人を出している保育園で働いても良いと考えている人もけっこういます。

ですから保育士の数を増やすためにも、給料の額を上げたり休日を増やしたりして待遇の改善を図ることが大切です。
ただ闇雲に求人を出しても人材は増えないので、どうしたら働いてもらうことができるかよく考える必要があります。