保育士の求人を探すときの注意点

保育士の求人を探すときの注意点としては、求人情報の保育園の立地や保育内容などをよく吟味することが大事です。


通常、求職活動を行うときに求人票で気になるのが、給与や福利厚生、休日を重視してしまいます。



しかし、求人に掲載されている数字だけを重視するのが危険です。

保育園の場所が都市部の中心にある場合は、延長保育の時間が長い傾向があり、労働時間が長い可能性があります。

また、行事が充実している保育園の場合は、行事に関する準備や後片付けが多い可能性があり、保育士の残業時間が長い可能性があります。



また、保育園が私立の場合は、福利厚生があまり充実していない可能性もあります。

オンリーワンの保育士の求人の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

保育士自身が産休や育休をとることができる体制になっていないケースもあります。
結婚や妊娠を考えている場合は、産休や育休が充実している保育園がどうかも長く働き続けるにはとても重要な要素です。


休日も重視するときには、土日祝日が休みの企業内である保育園がおすすめです。


預かる子供の年齢も施設によってさまざまです。
施設によっては、3歳未満の子供も対象になっているところもあります。
保育士の経験があっても3歳以上の子供しか接したことがない人が、いきなり授乳中の赤ちゃんをお世話するのは大変です。

求人の中には、施設内を実際に見学できるものもあります。

見学することで応募を検討している保育園の雰囲気や教育方針などを把握することができるメリットがあります。